« 11月吉川和夫美術展=リンドウの花を描く | トップページ | 11月吉川和夫美術展、英国エディンバラ城を描く »

2019年10月23日 (水)

画家ルオー作「キリスト像」を模写する

( 11月度の人物画 )

★ フランスの画家ルオー作「イエス・キリスト像」を模写する ★
  ルオーが「油彩」で描いたキリスト像を「水彩」で絵描く。



( 画用紙 水彩/パステル 6号 330x410mm )


画家ルオーは、キリストの顔を正面から描く。多彩な色使いで市井の人々とふれあうキリストの姿を描く――。 さまざまな手法でキリストの姿を描き「20世紀最大の宗教画家」と呼ばれるジョルジュ・ルオー(カトリック教徒)。

ジョルジュ・ルオー(Georges Rouault, 1871年5月27日 - 1958年2月13日)は、 フォーヴィスムに分類される19世紀~20世紀期のフランスの画家。
ルオーは、パリの美術学校でアンリ・マティスらと同期だったこともあり、 フォーヴィスムの画家に分類されることが多いが、ルオー本人は「画壇」や「流派」とは一線を画し、 ひたすら自己の芸術を追求した孤高の画家であった。




写真:フランスの画家、ジョルジ・ルオー

 

 

« 11月吉川和夫美術展=リンドウの花を描く | トップページ | 11月吉川和夫美術展、英国エディンバラ城を描く »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月吉川和夫美術展=リンドウの花を描く | トップページ | 11月吉川和夫美術展、英国エディンバラ城を描く »