« マーシャル諸島国で、ビキニ環礁の原水爆を調査する。 | トップページ | ケニヤ国で、マサイ族の集落を見学する »

2019年11月24日 (日)

ケニア国のサバンナの自然や動物を見て回る。

私達・日本人6名観光団を乗せた走行する自動車の中から、ケニヤの町の様子を撮影しました。↓
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10


 


下の写真は、サバンナの真ん中の飛行場に、中国の観光団約10名が、下の写真の飛行機に乗って、降りてきました。↓
イメージ 1
 
中国の観光団約10名は、政府の要人の案内で、サバンナの野生の動物たちを観察し始めました。↓
イメージ 2

 

 





ケニアのマサイ・マラ国立公園のマラ川で、ワニを発見しましたが、川の中に潜んで、顔を僅かに、水面上に出しています。肉眼で見るのは容易ではありません。望遠鏡で、ようやく、その姿を発見できました。
次のように、写真を掲載しましたが、画面上で、ワニの姿を発見するのは難しいと思います。↓
イメージ 1
 
 
駐車場の近くで、大きなイグアナを発見しましたが、茂みに隠れてしまい、私だけが、頭を少しだけ出している、そのイグアナの姿を見ることができます。↓
イメージ 2
 






2012年4月3日(火)、ケニアのマサイ・マラ国立保護区のマラ川に、カバの大群を発見しました。↓
イメージ 1
 
 
↑カバの群れの大半は、川の水の中に、潜っていますが、背が、水面上に浮かび上がっています。陸上のカバは、容易に発見できます。↓
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

« マーシャル諸島国で、ビキニ環礁の原水爆を調査する。 | トップページ | ケニヤ国で、マサイ族の集落を見学する »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マーシャル諸島国で、ビキニ環礁の原水爆を調査する。 | トップページ | ケニヤ国で、マサイ族の集落を見学する »