« キューバ国で、共産主義国家の貧困を見る | トップページ | キューバl国ハバナの建物は古くて倒れそうだった。 »

2019年11月26日 (火)

キューバ国の首都ハバナをひとり孤独に放浪する

 


イメージ 1

写真は、スペイン占領時代のモロ要塞を撮影しました。
撮影場所は、プンタ要塞からです。



 

イメージ 1

写真は、ハバナの中心街にあるカトリック教会です。
ハバナの街全体が、世界遺産になっていますが、
なかでも、カトリック教会の存在は大きなものです。


 




イメージ 1

イメージ 2

カリブ海の真珠といわれるキューバへ行きました。
キューバは、カストロやチェ・ゲバラの革命軍が、
バチスタ政権を倒して、
1959年から社会主義体制を敷きました。
それから、60年以上経過しても、貧乏国から脱することができません。

上段の写真は、首都ハバナの中心街のアパートです。
建物は、アメリカ植民地時代の建物を、住民が占拠して住んでいました。

下段の建物は、マレコン海岸通りの建物です。
カストロ革命から、新規に建設された建物はありません。



 

イメージ 1

イメージ 2

上段の写真は、世界遺産である観光都市ハバナのアパートです。
街路は、観光客のために、清潔で、ゴミ一つも落ちていませんでした。

下段の写真は、観光客を相手に、中華人の経営する食堂街です。
昼食代は、ニッポンの大都市並みの料金でした。約500円~1000円。





イメージ 1

イメージ 2

キューバ国は、革命家カストロによって作られた社会主義国です。
かって、キューバは米国の植民地でした。
アメリカ合衆国から断絶されて、その経済は未だ発展していません。
かって、新大陸開拓時代の建物やアメリカの植民地時代の建物が
維持管理が、上手に行き届かないままに、残っています。

上段と下段の写真は、世界遺産のマレコン海岸通りです。
この海岸通りは、スペイン統治時代、米国植民地時代においては、
世界でも有数の街並みと言われたところです。
社会主義国家になって、経済活動は停滞し、民度は低くて、
市民が住むビルも荒れ放題でした。

« キューバ国で、共産主義国家の貧困を見る | トップページ | キューバl国ハバナの建物は古くて倒れそうだった。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キューバ国で、共産主義国家の貧困を見る | トップページ | キューバl国ハバナの建物は古くて倒れそうだった。 »