« ボツワナ国のチョベ国立公園で、多くの野生動物に出会う | トップページ | ボツワナ国のチョベ国立公園で、オープン・サファリーを実行しt »

2019年11月26日 (火)

ボツワナ国のチョベ国立公園で、象の大群を見る

 



オープンサファリーカーに乗って、キリンを見る。
なお、自動車から降りて、野生動物に近づくことは禁止されていますので、遠くから見守ることになります。
イメージ 1
画像の中心部に、象の姿があります。右下の○に+の字をクリックすれば、拡大して見られます。



ボツワナ国のチョベ国立公園において
象の大群を、オープンサファリーカーにて、静かに見物しました。
イメージ 1

 


イメージ 1
オープンサファリーカーの眼前に象の大群が現れる。
自動車を止めて、車道を横切る象の大群を見物す。
 


ダイヤモンドの生産地として経済力をたくわえ、南部アフリカのなかで最も豊かな国と言われているボツワナ国。そのボツワナの北東部にチョベ国立公園がある。
7万頭を超えるアフリカ象が暮らす。
オープンサファリーにて、サファリードライブしながら、野生動物の実態を見物しました。
イメージ 1

 


ボツワナのチョベ国立公園は、シンガポール国の広さ
よりも広いと言われています。ここには、美しい自然の風景が展開されていて、カメラ撮影の対象として素晴らしいものです。幾度もの心躍る感動でいっぱいでした。
イメージ 1

 

« ボツワナ国のチョベ国立公園で、多くの野生動物に出会う | トップページ | ボツワナ国のチョベ国立公園で、オープン・サファリーを実行しt »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボツワナ国のチョベ国立公園で、多くの野生動物に出会う | トップページ | ボツワナ国のチョベ国立公園で、オープン・サファリーを実行しt »