« ペルー国のクスコとマチュピチュを観光旅行する | トップページ | ペルー国のチチカカ湖のウロス島へ上陸する »

2019年11月30日 (土)

ペルー国のクスコから峠を越えて、チチカカ湖の町へ

  

イメージ 1

*写真は、プーノの町から クスコの町へ向けて走っている鉄道列車です。

バスの中から、ガラス窓越に撮影しました。
4000m級の高所付近です。

なお、私が向かうのは、プーノの町ですから
鉄道列車は、反対方向に、向かっています。

 

 

 

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

***上中下の写真は、クスコからプーノへ行く途中、

4335mの高所で休憩中に見た周辺の風景です。
アンデスの山々を仰ぎ見ました。

近くを高山列車のレールが敷設してありました。
世界で最も高い鉄道路線だと言っていました。

 

 

 

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

*上段の写真は、クスコからプーノへ行く途中で立寄った
スペイン統治時代の18世紀の遺物です。

なお、プーノの町は、ティティカカ湖が在る町です。

*中・下段の写真は、クスコからプーノへの道中で、
乗客とバスの運転手と車掌が昼食を食べる風景です。

写真の左に見える二人は、観光客相手に絨毯を編んでいます。
移動客のために、観光バス会社が演出したもの。

 

 

 

イメージ 1

イメージ 2

**上・下の写真は、クスコの町から、プーノの町へ行く途中で
立寄った18世紀のスペイン統治時代のキリスト教会です。

私の日記:1999年12月2日(木曜日)
午前8時ころ、クスコの町から、ティティカカ湖畔のプーノ市へ向かった。
移動バスは、あえてトイレット完備のデラックスのバスを選んだ。
乗客は、フランス人夫妻と私の3人だけだった。
バスの乗車賃には、走行ルート上の観光地ガイドと昼食代を含んでいた。
クスコからプーノへの道と平行に、高山列車が走っていた。
途中、標高4335mの高所に留まった。
そこは、世界一高い鉄道路線の峠だと言っていた。
プーノの市街に午後5時頃に到着した。
宿は、インターナショナル・ホテルに決めた。
一泊料金は14ドル=約1680円だった。

 

 

 

イメージ 1

*写真は、クスコ郊外の農村風景です。

クスコ郊外の農村を観光バスで回り、
民芸店などに立寄りました。

子供の傍らの動物は リャマ という。
リャマとアルパカは、アンデスを代表する動物です。
古代から家畜としてインカ人が飼っていた動物です。
リャマは、アルパカよりも一回り大きいです。

« ペルー国のクスコとマチュピチュを観光旅行する | トップページ | ペルー国のチチカカ湖のウロス島へ上陸する »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ペルー国のクスコとマチュピチュを観光旅行する | トップページ | ペルー国のチチカカ湖のウロス島へ上陸する »