« ウズベキスタンのサマルカンドで遺跡を見学する | トップページ | ウズベキスタン国で、チムール皇帝の業績跡を見学する »

2019年11月26日 (火)

ウズベキスタン国のサマルカンドで、青いイスラム文化を見学する

サマルカンドの中心、レギスタン広場へ行きました。レギスタンとは、”砂地”の意味です。レギスタンはチンギス・ハーンの来襲以後、アフラシャブの丘から移動したサマルカンドの商業の中心地になりました。主要道路の交差点であったレギスタン広場は、公共の広場として機能を果たし、謁見式や閲兵、罪人の処刑などが行われていました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
下の写真は、レギスタン広場の全景です。
イメージ 1
 
 
下の写真は、かってハナカにあった場所に建てられた神学校です。シェルドル・メドレセの全景です。シェルドルとは、”ライオンが描かれた”という意味です。メドレセは神学校の意味です。
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
次の写真は、シェルドル・メドレセの正面です。
入口アーチに小鹿を追うライオン(虎に見えるが)が人面を帯びた日輪を背に描かれている。本来イスラームの文様は、その教義に基づいて偶像崇拝を否定する立場を取り、人や動物の姿をモチーフにすることはタブーとされています。あえて禁を破った建築家は責任を取って自殺したということです。
 
 
イメージ 3



サマルカンドは、中央アジアの国・ウズベキスタン共和国にあります。サマルカンドは、"青の都”、”イスラーム世界の宝石”、”東方の真珠”など、多くの異名を持っています。サマルカンドは、常にシルクロードの中心都市としての道を歩んできました。
ぬけるような青空に、さらに深い色合いの青のドームが映えています。天と地が、青の青さを競い合っています。
~~~~~~~~~~~~~~~
 
下の写真は、14世紀の英雄ティムールをはじめ、彼の息子たちが眠る「グリ・アミール廟」です。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 下の写真の緑のTシャツ青年は、観光ガイドのティムール君です。
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
イメージ 3

 




ティムール帝国、ゆかりの地を旅する~~~
1336年、シャフリサーブスで生まれたティムールは、
生まれ故郷を地盤に頭角を現し、世界の支配者への道を歩んでいった。
そして、手に入れた領土から優秀な職人や建築家を集め、サマルカンドを壮大な建造物の立ち並ぶ帝国の都に造り上げた。
 かっての都、サマルカンドには、ティムールが愛してやまなかったトルコ石色の歴史的建造物が、いまでも訪れる人々の心を惹きつけてやまない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
下の写真は、ダリ・アミール廟です。
ダリ・アミール廟とは、タジク語で”支配者の墓”という意味です。ティムールを始め、彼の息子達が眠る霊廟です。
青の都と呼ばれるサマルカンドでも、ひときわ、その青さがひきたっている壮大な建造物です。
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 

« ウズベキスタンのサマルカンドで遺跡を見学する | トップページ | ウズベキスタン国で、チムール皇帝の業績跡を見学する »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウズベキスタンのサマルカンドで遺跡を見学する | トップページ | ウズベキスタン国で、チムール皇帝の業績跡を見学する »