« ツバル国=南太平洋の水没する国で、住民と触れ合う | トップページ | ツバル国の石油関係設備などの流通施設を見る »

2019年11月23日 (土)

キリバス国の経済状態、国会議事堂など諸官庁を訪問する

キリバス国の経済状況
 
輸出品は、コプラ63.7%、魚介類20.9%、野菜類7.7%などです。
農業従事者は、10%=9000人。タロイモ生産2000トン、バナナ5000トン、ココナツ96000トン、豚12000頭、水産業漁獲高31000トン。
観光業がGDPの5分の1、外国漁船入漁収入が政府総収入の30%。
 
 
次の写真は、キリバス国のタラワ環礁ベシオ港です。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
 
キリバスの港湾施設の一つ、ベシオ石油貯蔵所 ↓
イメージ 4
 
 
キリバス共和国の国会議事堂 
(タラワ環礁の中央部アンボにある)↓
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
 
国会議事堂裏にある付設の集会所・小会議場 ↓
イメージ 8
 
イメージ 9
 
 
キリバス政府の中央庁舎
(タラワ環礁 バイリキ地区) ↓
イメージ 10
 
キリバスの高等裁判所 
(タラワ環礁 ベシオ地区)↓
イメージ 11
 
キリバスの郵政省=Post Office 
(タラワ環礁 バイリキ地区)
イメージ 12

« ツバル国=南太平洋の水没する国で、住民と触れ合う | トップページ | ツバル国の石油関係設備などの流通施設を見る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツバル国=南太平洋の水没する国で、住民と触れ合う | トップページ | ツバル国の石油関係設備などの流通施設を見る »