« 夢を追い続けて | トップページ | 希望と言う名の旅 »

2019年11月21日 (木)

吉川和夫美術庵のブログ

 

吉川和夫(キッカワカズオ)は、


世界の国々や日本全国の町々を歴訪する旅をしながら、

感動した様々な風景を絵に描いています。


そして、人生という旅で出会った、古今東西の人物の姿や感情を絵の中で表現しています。


加えて、動物や植物などに対しては、慈しみの心を持って、生き生きと描写しています。



 

 

 いま、八十歳代半ばの私にとって、

 美術と旅行が、生き甲斐になっています

 省みれば、生まれてきた時から今日までに
 
事故や病気などで、幾度となく
 「生と死」の狭間を潜り抜けてきましたが、
 未だに、世知辛い浮世で奇跡的に生きています。

 お陰様で、折角、生かされているのですから、
 心身の鍛錬を続け、日々の勉強を怠らず、
 如何なる苦難にもめげず、乗り越えて、
 「青春」の意気に燃え、活動してゆくつもりです。

 老いても、再び、「青春」期を迎える私には、
 どんな事象が待っているのか、楽しみです。
 兎も角も、100歳過ぎ迄、明るく爽やかに
 しなやかに美しく、生き続けるつもりでいます。

 




 

« 夢を追い続けて | トップページ | 希望と言う名の旅 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢を追い続けて | トップページ | 希望と言う名の旅 »