« キューバl国ハバナの建物は古くて倒れそうだった。 | トップページ | ブラジル国、サンパウロ郊外の東山農場などを訪問する »

2019年11月29日 (金)

ブラジル国のサンパウロの日本人街へ行く。

  • facebookでシェア
  • twitterでつぶやく

 


イメージ 1

ブラジル国のサンパウロ市へ行く

*写真は、リベルダージの東洋人街です。
かっては、日本人街と呼ばれていましたが、最近は、韓国人、中国人の
進出で、東洋人街と呼ばれるようになりました。

写真で見える鳥居は、神社の参道ではありません。
この鳥居の近くに「大阪橋」があります。「大阪橋」の名前は、
商業都市サンパウロと日本の商業都市大阪が、姉妹都市として結ばれた記念に
命名されました。

海外で、日本人街として機能しているのは、ロスアンゼルスのリトル・トーキョー
と、このサンパウロのリベルダージだけです。

==============
日記(2)

1999年10月20日、水曜日
私は時差ぼけのために早起きした。小林さんは、早朝、商用のために出かけた。

午前10時ごろ、小林夫人の案内で、市内のリベルダージへ地下鉄電車で行った。

地下鉄は、駅構内も電車の車両も、東京の地下鉄よりも清潔で綺麗だった。
リベルダージの日本文化会館へ行った。館内には、日本人移民の歴史的遺産を
展示されていた。日系ブラジル人の美術展が開催されていた。図書館もあった。
東洋人街の「居酒屋・甚六」で、天丼を食べた。

10月21日、木曜日
一日中、小林さんの自宅で、静養につとめた

 

 

 






イメージ 1

イメージ 2

ブラジル国のサンパウロ市へ行く

*上段の写真は、サンパウロ市内の閑静な住宅街のアパートです。
この建物に、宿泊先の小林夫妻が住んでいました。

*下段の写真は、小林夫妻の住んでいたアパートの前の建物です。
小林夫妻の自宅は、サンパウロの中心街、パウリスタ通りの近くでした。

================
日記

1999年10月18日、月曜日
成田空港20時55分発、JAL機で、ブラジル国サンパウロ行きに搭乗した。
途中、ロスアンゼルス空港のトランシット待合室で、約2時間ほど休憩した。

10月19日、火曜日
約24時間を機中で過ごして、サンパウロ空港に、現地時間の午前8時55分に
JAL機は無事に到着した。親戚の小林ご夫妻が、空港まで迎えに来てくれた。

小林さんの自宅は、サンパウロ市の中心街、パウリスタ通り近くにあった。
閑静な住宅街に、守衛付きのアパートに住んでいた。部屋は大理石づくめで、
広くて豪華なものだった。夕食は、3人で、日本食レストラン「すし安」へ行った。
「すし安」は、東京・日本橋界隈で見かける和風の造りだった。



 

 

 






イメージ 1

先に、オーストラリアやニュージーランドの放浪記を
ブログで発表しましたが、いま、お休みしています。
7月になると、南米大陸放浪記を載せる計画です。
みなさんのご高覧をお待ちしています。

*写真の油彩画はキャッバス8号に、「イグアスの滝」を描きました。
ブラジル国とアルゼンチン国との国境を流れるイグアス川の大瀑布です。
大瀑布の大きさは、幅約4000m、高さ約70mです。

« キューバl国ハバナの建物は古くて倒れそうだった。 | トップページ | ブラジル国、サンパウロ郊外の東山農場などを訪問する »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キューバl国ハバナの建物は古くて倒れそうだった。 | トップページ | ブラジル国、サンパウロ郊外の東山農場などを訪問する »