« バヌアツ国へ行く。カッテ、フランスの植民地でした | トップページ | カザフタン国へ行く。石油と天然ガスが豊富な国です。 »

2019年11月23日 (土)

サモア独立国には、キリスト教会が多数ありました。

サモア独立国のウポル島には、多くの集会所があります。
そのうち、伝統的な集会所の一つを絵描きしました。
イメージ 1
 
 
 
 
 
集会所には、多くの人々が集います。
目的は、それぞれ違いますが、サモア独立国の人々は、明るくて、親しみ易い人々が多くいました。そんな国民を写真撮影しました。
 
 
イメージ 2
 
イメージ 14
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
 

 


サモア独立国の国民の宗教は、キリスト教です。
ウポル島を周遊すると、到る所に、キリスト教会の建物がありました。
首都アピアの漁港に近いところに在るキリスト教会を描きました。
イメージ 1
 
 
 
次の写真は、サモア独立国で見た沢山のキリスト教会の建物と付随する施設を撮影したものです。
イメージ 2
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5


次の写真は、サモア独立国のウポル島の風景を撮影したものです。
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
 
 

 

« バヌアツ国へ行く。カッテ、フランスの植民地でした | トップページ | カザフタン国へ行く。石油と天然ガスが豊富な国です。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バヌアツ国へ行く。カッテ、フランスの植民地でした | トップページ | カザフタン国へ行く。石油と天然ガスが豊富な国です。 »