« モンゴル国へ行く。ゲルに泊まる。草原で馬に乗る。 | トップページ | スリランカ国のシーギリヤ遺跡に行く »

2019年11月24日 (日)

ネパール国のカトマンズを旅する。ヒンズー教と仏教の国

私は、2015年3月~4月、神々の頂 世界最高峰エベレストの玄関、ネパール連邦民主共和国へ行きました。通称ネパールは、南アジアの共和制国家です。2008年に王制が廃止されました。

東、西、南の三方をインドに、北方を中国チベット自治区に接する西北から東南方向に細長い内陸国です。国土は世界最高地点エベレスト(サガルマータ)を含むヒマラヤ山脈および中央部丘陵地帯と、南部のタライ平原から成り立っています。ヒマラヤ登山の玄関口としての役割を果たしています。面積は約14.7万㎞で北海道の約1.8倍です。
 
多民族・多言語国家(インド・アーリア系の民族と、チベット・ビルマ系民族)であり、民族とカーストが複雑に関係し合っています。また、宗教もヒンドゥー教(元国教)、仏教、アニミズム等とその習合が混在しています。

農業を主たる産業とし、ヒマラヤ観光などの観光業も盛んです。国土面積・総人口・GDPともに北朝鮮に等しいが、経済的には後発開発途上国であると分類されています。

 
 パールの地球上の位置
 
イメージ 1
 
 
2015年09月01日発表の風景画
イメージ 23
 
↑ ネパール国首都カトマンズのダルバール広場を描きました。

ダルバール広場のダルバールとは、ネパール語で「宮廷」のこと。
ネパールきっての歴史を持つ仏教寺院や、
カトマンズの古くから続くバザールなどがあります。
イメージ 2
↑ ネパール国首都カトマンズの郊外にある
スワヤンブナートの仏塔を描きました。
カトマンズ盆地は、山に囲まれ、バグマティ川、ビシュヌティ川の二つの川が貫通し、両川に抱かれるような形でカトマンズの街は広がっています。約8000年前までは湖底であった。カトマンズ盆地の起源は伝説によるとスワヤンブー(Swayambhu、創造者)にあり、文殊菩薩(マンジュシュリー)が旅の途中で見た湖に咲く蓮の花にお参りするために南にある山を削り湖の水を流したところ、その後に肥沃な土地が出現し、人々が住みつくようになった。これがカトマンズ盆地の始まりであるという。それ以来、蓮の花が咲いていた丘はスワヤンブーの住む聖なる場所と崇められるに至った。スワヤンブの光はあまりにも美しく輝き眩しいために、覆われることになり、13世紀ころまでには多くの建物やストゥーパなどが建てられたり、ヒンドゥー教と仏教のそれぞれの像が祀られ、僧坊、寺院などの建立も相次いだ。この寺院が現在は「カトマンズの渓谷」の一部としてユネスコ世界遺産に登録されているスワヤンブナートである。
 
 
2015年4月25日に、ネパールで、大地震が発生しました。次の写真は、大地震前に、街を撮影したものです。
 
ネパール国の首都カトマンズの郊外にあるキリティプルへ行きました。
キリティプルは、ネワール文化最盛期の12世紀に建設された街です。
キリティプルで見た先住民ネワール族の女性たちです。
(2015年4月1日)
イメージ 3
☆ネパール国カトマンズ、ヒンズー教の街、ダルバール広場
クマリの館の中庭です。
生き神クマリが住む館です。
クマリの化身と崇拝される少女がいます。
(2015年4月1日)
イメージ 4
ネパール国カトマンズ、ヒンズー教の街、ダルバール広場です。
シヴァ寺院は、1690年にマッラ王朝時代にバクタブルの皇太后によって建てられた寺院です。この寺院にも、ヒンズー教と仏教の融合が見られます。
(2015年4月1日) 
イメージ 5
 
カトマンズのダルバール広場です ↓
(2015年4月1日)
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9

イメージ 10
カトマンズの繁華街タメル地区です。↓
(2015年3月31日)
 
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
ダルバール広場のヒンズー神です。
カーラ・バイラブ像です。
(2015年3月31日)
 
イメージ 16
カトマンズにある「ガーデン・オブ・ドリーム」です。
(2015年3月31日)
イメージ 17
 
カトマンズ郊外にある「スワヤンブナート」の仏塔です。
チベット仏教の聖地です。
(2015年3月31日)
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
 
首都カトマンズにある、ナラヤンヒティ王宮博物館にて。
(2015年4月2日)
イメージ 21
イメージ 22

« モンゴル国へ行く。ゲルに泊まる。草原で馬に乗る。 | トップページ | スリランカ国のシーギリヤ遺跡に行く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モンゴル国へ行く。ゲルに泊まる。草原で馬に乗る。 | トップページ | スリランカ国のシーギリヤ遺跡に行く »