« ケニア国のサバンナの自然や動物を見て回る。 | トップページ | ケニヤ国のマサイ・マラ国立保護区で、沢山の野生動物を見る »

2019年11月24日 (日)

ケニヤ国で、マサイ族の集落を見学する

2012年4月3日(火)、ケニヤのサバンナ(マサイ・マラ国立保護区)で、駝鳥の群れを発見♪ 下の写真でも、画面を、よく見ると、駝鳥の細長い首が見えます↓
イメージ 1
 
イメージ 2



2012年4月3日(火)、ケニヤのサバンナ(マサイ・マラ国立保護区)で、ライオン、キリンを発見・観察できました。
~~~
下の写真は、ライオンを撮影したのですが、木の陰や茂みの中にいて、ライオンの存在を確認するのは、容易ではありません。ライオンの外観の姿も保護色だということが、現場の様子を見て分りました。
イメージ 1
上の写真では、ライオンは、画面の中心部(上下・左右)の木陰に、じっと座っています。↑
 
 
 
下の写真では、ライオンは、画面の中心部の木陰に、じっと、座っています。↓
イメージ 2
 
 
 
下の写真では、ライオンは、茂みの中にいますが、場所を移動中です。周囲の草と、ライオンの姿色が似ていて、発見が難しいです。↓
イメージ 3
 
イメージ 4
 
 
キリンは、図体が大きく、首長のために、発見するのが容易です。↓
イメージ 5
 
 
 
2頭のキリンが、互いに、接触して、特殊の動きをしているのですが、写真が静止画であるために、2頭のキリンの動きを写真では捉えることが出来ません。↓
イメージ 6
 
イメージ 7
 
 
 



私達6名の観光団は、マサイ族の小学校に案内されました。
下の写真は、小学校の校庭です。↓
イメージ 1
 
 
小学校の校舎が、建設中でした。その建設工事現場を見学している観光団がいました。↓
イメージ 2
 
下の写真は、教室の内部です。授業には、英語課程の勉強もあります
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
小学生たちは、制服を着ていました。↓
イメージ 6
 
イメージ 7

 




マサイ族の集落(140名の大家族)には、大広場を囲んで、円周の形で、住居が建てられていて、広場の木陰で、女性たちが、何か話合っていました。私達・観光団への歓迎の段取りの打ち合わせかも?
イメージ 1
 
女性たちが歓迎の歌と踊りを披露しました。↓
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
 
 
 
マサイ族の女性たちは、私達・日本人6名の観光団を、彼女達の経営するマーケットへ導き入れました。↓
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
私達6名の観光団を導き入れてくれたマーケット↑には、マサイ族の装飾品(手製)の首輪、腕輪、耳輪などの小物を販売していました。



マサイ族の一人が、マサイ族の家屋に案内してくれました。そこに見た家屋は、駄目になった家屋(左)と、その隣りに新築中の家屋(右)でした。このような家屋の建設者は、女性の仕事だと聞きました。だから、重たい建築材料はありませんでした。樹木の枝(骨格)と葉(外から冷暖を遮断)が、そして泥土(壁になる)が、主要な建築材料でした。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
 
家屋の周辺、集落の外側は、野生動物の侵入を防ぐために、枯れた枝木を柵にしていました。↓
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
集落の内側は、広場を囲んで家屋が並んでいました。↓
イメージ 8

« ケニア国のサバンナの自然や動物を見て回る。 | トップページ | ケニヤ国のマサイ・マラ国立保護区で、沢山の野生動物を見る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ケニア国のサバンナの自然や動物を見て回る。 | トップページ | ケニヤ国のマサイ・マラ国立保護区で、沢山の野生動物を見る »