« ミクロネシア連邦ポンペイ島の各地を見て回る | トップページ | マーシャル諸島国で、ビキニ環礁の原水爆を調査する。 »

2019年11月24日 (日)

マーシャル群島国の首都マジュロを訪れました。

2014年1月16日に、南太平洋のマーシャル諸島国の首都マジュロを訪れました。マジュロは、珊瑚からできた環礁です。マジュロ環礁には、山や川はありません。海抜3mほどの低い陸地です。年間の降水量は例年3400mmぐらいです。生活用水は雨水に依存しています。飲料水、シャワー水、洗濯水などは、雨水をタンクに溜めて利用しています。水洗トイレは海水を利用していました。
 
次の絵画は、マジュロ市のランドリー(洗濯屋)の雨水の貯蔵タンクを描いたものです。ランドリーは、沢山の貯蔵タンクを持っていました。
イメージ 1
 
 
 
次の写真は、一般住宅における雨水を貯蔵しているタンクを撮影しました。
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
次の写真は、首都マジュロ市の一般住宅を撮影したものです。
 
イメージ 14
 
イメージ 15
イメージ 16
 
 
イメージ 17
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
次の写真は、小学校の校舎です。
イメージ 5
 
 
次の写真は、カレッジの校舎です。
イメージ 6
 
次の写真は、カレッジのスクールバスです。
イメージ 7
 
 ~~~~~~~~~~~~~~
 
次の写真は、国立博物館の展示品です。
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
次の写真は、一般市民の墓地です。
イメージ 12
 
イメージ 13

« ミクロネシア連邦ポンペイ島の各地を見て回る | トップページ | マーシャル諸島国で、ビキニ環礁の原水爆を調査する。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミクロネシア連邦ポンペイ島の各地を見て回る | トップページ | マーシャル諸島国で、ビキニ環礁の原水爆を調査する。 »