« ウズベキスタン国で、チムール皇帝の業績跡を見学する | トップページ | ウズベキスタン国で、旧日本軍兵士の墓地を見て悲しむ »

2019年11月26日 (火)

ウズベキスタンの古都タシケントやブハラの文化施設を見学する

”中央アジアの首都”タシケントは、200万以上の人口を抱える大都会です。中央アジアでは、唯一の地下鉄が走り、真っすぐ延びる道や大きなビルは、およそ、シルクロードの印象とは、かけ離れています。
オアシス都市としての歴史は長く、2000年前頃には「チャチ」と言う名で記録に現れています。11世紀ころから、「タシケント(石の町)」と呼ばれるようになって、シルクロードの中継点として最も栄えました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
下の写真は、宿泊ホテルの部屋から、パフタコール・スタジアムを撮影したものです。
 
イメージ 1
 
 
次の写真は、6月3日に、タシケントの名所・旧跡を案内してくれるガイド役のマリアさんです。 
イメージ 2
 
 
 
下の写真は、ハズラティ・イマーム広場です。画面に見える建物は、ジュマ・モスクです。タシケントの金曜モスクと呼ばれ、2基のミナレットを携えた巨大なモスクでした。
 
イメージ 3

 




下の写真は、カラーン・モスクの中庭です。カラーン・モスクの入口は7ヶ所ありますが、東口が正面入り口になっており、色タイルで装飾されています。入ると正面に青いドームがそびえて、中庭は回廊で囲まれています。回廊は208本の柱で天井を支え、208の丸屋根で覆われています。
イメージ 1
 
 
 
 
下の写真は、ミル・アラブ・メドレセです。カラーン・モスクに面して建ち、巨大なアーチの両脇に二つの青いドームを持っているのがミル・アラブの神学校です。このメドレセは、1536年に、ウバイドゥッラー・ハーンの資金で建てられた。ハーンが3000人以上のペルシャ人奴隷を売って建設資金を作ったので、「このメドレセはレンガと粘土ではなく、人々の涙と血と悲しみだ」と歴史家が記録しているという。
イメージ 2
 
 
 
 
 
次の写真は、ナディール・ディヴァンベギ・メドレセです。1622年に建てられた神学校です。まず、正面入り口の色タイルの鮮やかな絵に目を奪われます。2羽の鳳凰がツメで鹿をつかんで太陽に向かって飛んでる絵です。太陽の真ん中には顔が描かれています。偶像崇拝を否定するイスラムの教義に反する絵です。
イメージ 3

 




ブハラのシンボルは、カラーン・ミナレットです。カラーンとはタジク語で”大きい”という意味で、ミナレットは”光塔”と訳されています。その名のとおり高さ46m、ブハラでは最も高く、町のどこからでも見えるブハラのシンボルです。
下の写真の中央部に建つローソク状の塔は、ブハラのアルク城広場から見たカラーン・ミナレットです。
イメージ 1
 
 
 
下の写真は、カラーン・ミナレットを近くで撮影したものです。1127年にカラハーン朝のアルスラン・ハーンによって建てられたもので、ブハラの町の興亡を眺める生き証人とも言えます。塔の基底部の直径は9m、土台部分が地下に10mもくぐっています。塔は上に行くに従って細くなる円筒状、塔身の壁面を14層の帯状に分け、それぞれレンガを異なる積み方で装飾しています。
イメージ 2
 
 
 
下の写真は、カラーン・モスクです。カラーン・ミナレットとつながっています。現在の建物は1514年、シャイバニ朝時代に建てられたもの。名前が示すとおり非常に大きなモスクです。広さは約1ヘクタール、1万人の信者が礼拝できます。
 
イメージ 3



 


”聖なるブハラ”、あるいはサンスクリット語で、「僧院」を意味するブハラは、中央アジアのみならず、イスラーム世界全体の文化的中心地として繁栄を誇った町です。その威光に満ちた姿から、「ほかの場所では光は天から差し地を照らす。ブハラでは、光は地から差し、天を照らす」と称えられました。
~~~~~~~~~~~~~~~
下の写真は、イスマイール・サーマーニ廟です。世界中の考古学者や建築家に注目されています。イスラーム初期の建築様式の霊廟です。892年から943年にかけて造られた、中央アジアに現存する最古のイスラーム建築です。日干しレンガだけで積み上げています。
 
イメージ 1
 
 
下の写真は、バラハウズ・モスクです。1712年に建てられました。クルミの柱が20本並んだテラス状の空間があり、アイヴァンという建築様式です。
イメージ 2
 
 
下の写真は、アルク城です。この城のあたりが古代ブハラ発祥の地で、2000年以上前に遡ると言われているが、最初の城砦がいつ建設されたかは定かでない。
城内の広さは約4ヘクタールで、一つの町が形成されていました。アルク内には十字のメインストリートが通っており、ブハラ・ハーンや家族の住居、謁見の間、モスク、官公庁、造幣局、監獄、職人の工房などがあった。
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
 
 



ブハラは、2500年もの歴史を持つ町です。町は新市街と旧市街とに分かれており、遺跡が保存されているのは旧市街です。次の写真は、その旧市街にある迷路のような街や民家を撮影しました。昔の土壁が印象的でした。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 

« ウズベキスタン国で、チムール皇帝の業績跡を見学する | トップページ | ウズベキスタン国で、旧日本軍兵士の墓地を見て悲しむ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウズベキスタン国で、チムール皇帝の業績跡を見学する | トップページ | ウズベキスタン国で、旧日本軍兵士の墓地を見て悲しむ »