« ツバル国の墓地は、小さな島なので道路端にある | トップページ | ツバル国=南太平洋の水没する国で、住民と触れ合う »

2019年11月23日 (土)

ツバル国の国会議事堂、政府庁舎で、職員と会談する

次の写真の建物は、ツバル国の国会議事堂です。私が訪れた時には、国会議員の皆様が、来年度の予算審議をしていました。
イメージ 1
 
 
次の写真の建物は、ツバル国の政府庁舎です。
イメージ 2
 
 
イメージ 9
 
イメージ 12
イメージ 10
 
イメージ 11
 
ツバル国の首都フナフティの町をぶらぶら歩きして、住民と交流していたら、政府庁舎の中に、日本国のJICAの事務所があると聞きましたので訪問しました。そこに内田さんがおられました。JICAは、首相執務室の廊下を隔てて隣りにありました。
JICAの内田さんから、ご多忙中にも拘わらず、ツバル国の観光に関する概要を聴く事が出来ました。
イメージ 3
 
 
ツバル国の首相執務室の隣室には、首相のボディガードのボンBONEさんがおられました。彼は、2014年には2ヶ月間、日本の北九州で、2カ月間の消防訓練の勉強したと言っていました。さらに、2015年度は、3カ月間の行政に関する勉強で、日本国へ行くという。
なお、彼自身は警察官と消防官の二つの役割を持っていると言っていました。
イメージ 4
 
 
次の写真の建物は。ツバル国の警察本部です。
イメージ 5
 
次の建物は、ナショナル・バンク銀行です。ツバル国の通貨は、オーストラリアドル(AS)です。
イメージ 6
 
ツバル国は、旅行前に想像した以上に、小さな国でした。ホテルらしいものは、ただ1軒でした。それも国有ホテルと聞きました。エアコンのあるホテルでした。
次の写真は、国有のホテルで、公用でツバルを訪れた人の為にあると言うバイアク・ランギ・ホテルです。
イメージ 7
 
イメージ 8
 

« ツバル国の墓地は、小さな島なので道路端にある | トップページ | ツバル国=南太平洋の水没する国で、住民と触れ合う »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツバル国の墓地は、小さな島なので道路端にある | トップページ | ツバル国=南太平洋の水没する国で、住民と触れ合う »