« 葛飾北斎の情念を探して | トップページ | 2月度吉川和夫美術展=人物を描く »

2020年2月 6日 (木)

2月度吉川和夫美術展=植物を描く

 

( 2月度の植物画 )

★ 香川県の県花「オリ-ブの花」を描く ★


( 画用紙 水彩/パステル 6号 330x410mm )

「オリーブの花」
オリーブは常緑の高木です。太陽と温暖な気候、水はけの良い土壌とたっぷりの水が大好きです。

オリーブは初夏に白や黄白色の小さな可愛い花をたくさん咲かせます。その様子は同じモクセイ科のキンモクセイとよく似ています。その後、丸くて可愛らしいグリーンの実をつけ、その実は赤、紫、黒へと成熟します。実はそのまま食べるととても渋いのですが、加工することで美味しいオリーブオイルやピクルスなどになります。

そのように家庭の食卓でも日常的に利用されているオリーブですが、植物としてのオリーブの魅力は何といっても樹形と葉の形です。葉の表面は光沢のある緑色、裏面には白い細毛が密生していて、風が吹くときらきらと銀灰色に輝きます。

「平和の象徴」としてハトが葉を口にくわえているデザインをラッキーモチーフなどで見たことがあるかもしれませんが、あの葉はオリーブです。「平和のシンボル」とされるのは「旧約聖書」のノアの箱舟のエピソードに由来します。ハトがくわえてきたオリーブの枝を見て、ノアは洪水が引いたことを知ったのです。

また、オリーブは萌芽力にも優れ、樹齢もとても長く、地中海沿岸地域では1000年を超える老木が今だに実をつけるそうです。

オリーブグリーンと言われる色もありますが、他の植物にはなかなかないような葉色や、スモーキーで乾いた感じの枝や幹の色など、様々な魅力があります。

オリーブは違った品種を2本以上植えた方が実がつく確率が俄然アップします。





写真:香川県の県花:オリーブの花

 

« 葛飾北斎の情念を探して | トップページ | 2月度吉川和夫美術展=人物を描く »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 葛飾北斎の情念を探して | トップページ | 2月度吉川和夫美術展=人物を描く »