« 五月の人物画、世界的有名画家=ダ・ヴィンチの自画像を描く | トップページ | 六月吉川和夫美術展=薔薇の花を描く »

2020年4月28日 (火)

五月の植物画、徳島県の県花=酢橘・スダチを描く

 

( 5月度の植物画 )

★ 徳島県の県花「酢橘スダチの花」を描く ★


( 画用紙 水彩/パステル 6号 330x410mm )

「酢橘スダチ」
スダチ(酢橘、学名:Citrus sudachi)はミカン科の常緑低木ないし中高木。 徳島県原産の果物で、カボスやユコウと同じ香酸柑橘類。 名称の由来は食酢として使っていたことにちなんで、 「酢の橘」から酢橘(すたちばな)と名付けていたが、現代の一般的な呼称はスダチである。

形態・生産
花期は5月~6月頃、純白の花を咲かせ、秋頃に果実が実る。果皮が青い未熟果のうちに収穫し出荷するが、 熟すとミカンと同様に黄色くなる。旬は8月~10月で露地栽培の果実が出荷され、 香りも味わいも最もよいものとなっている。冬の11月~2月の出荷品は露地栽培したものを冷蔵して販売し、 酸味は比較的穏やかとなり、やわらかな味が楽しめる。3月~8月はハウス栽培品で、1年中入手することができる。

現在の主な産地は徳島県神山町や佐那河内村、阿南市である。 日本における収穫量は2005年が4,469 トン、2010年が5,882 トンであり、 その98%が徳島県で生産されている[5]。スダチは徳島県を代表する特産物であり、 スダチの花は1974年に徳島県の県花に指定されている。 1993年にはスダチをモチーフとした「すだちくん」という徳島県のイメージキャラクターが誕生した。


写真:徳島県の県花:酢橘スダチの花


写真:徳島県の酢橘スダチの実

 

« 五月の人物画、世界的有名画家=ダ・ヴィンチの自画像を描く | トップページ | 六月吉川和夫美術展=薔薇の花を描く »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 五月の人物画、世界的有名画家=ダ・ヴィンチの自画像を描く | トップページ | 六月吉川和夫美術展=薔薇の花を描く »