« 7月の吉川和夫美術展=天才画家ラファエロの「自画像」を描く | トップページ | 自分は何者か »

2020年6月27日 (土)

7月の吉川和夫美術展=ドイツ国の「マリエンベルク要塞」を描く

( 7月度の風景画 )

★ ドイツ国ロマンチック街道、ヴュルツブルクの「マリエンべルク要塞」を描く ★


( 画用紙 水彩/パステル 6号 330x318mm )



( 画用紙 水彩/パステル 6号 330x318mm )



マリエンベルク要塞 (Festung Marienberg)はヴュルツブルクのマイン川左岸、川から100mの高さの丘にそびえる要塞です。 この要塞の歴史は古く、706年に建造された聖母マリア協会はドイツ最古の建物の1つです。 歴史の中で幾度となく戦火に巻き込まれ、破壊、再建、拡張を繰り返し、現在の姿になりました。 要塞内に領主館博物館とマインフランケン博物館があり、特にマインフランケン博物館には 後期ゴシックを代表する彫刻家リーメンシュナイダーの作品が多数所蔵されています。 広場に出ると聖キリアンの塔、シェレンベルク門、馬洗い場があります。 本城には高さ42mのベルクフリート(主塔)、聖母マリア教会、深さ104mの井戸など見どころがいっぱいです。 また、見事に手入れされた領主の庭園から見下ろす市街も絶景ポイントとなっています。

 

« 7月の吉川和夫美術展=天才画家ラファエロの「自画像」を描く | トップページ | 自分は何者か »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7月の吉川和夫美術展=天才画家ラファエロの「自画像」を描く | トップページ | 自分は何者か »