« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月25日 (火)

青森県の大間埼を描く

青森県の大間埼を描く

 

Ooma41

青森県の恐山霊場を描く

青森県の恐山霊場を描く

Osorezan41

青森県の三内丸山遺跡を描く

青森県の三内丸山遺跡を描く

 

Osannai41

青森県出身の小説家、太宰治像を描く

青森県出身の小説家、太宰治像を描く

Dazai41

青森県出身の版画家・棟方志功像を描く

青森県出身の版画家・棟方志功像を描く

Munakata41

青森県の県花、リンゴの花を描く

青森県の県花、リンゴの花を描きました。

Ringo99

Ringo41

林檎の果実も、描きました。

Ringo88

Ringo88

2020年8月23日 (日)

アジアの歌姫、テレサ・テンとは

テレサ・テン1953年1月29日 - 1995年5月8日、中華圏で使用された名前は鄧麗君〈デン・リージュン〉)は、台湾出身の歌手1970年代から1990年代にかけて、中華文化圏全域ないし日本、タイ、マレーシアなども含めたアジアにおいて広く人気を博したその業績から、生前から没後も「アジアの歌姫」と呼ばれている。

父親は中国河北省邯鄲市、母親は中国山東省出身で共に外省人で、また父親は元国民党軍の職業軍人であり、彼女自身、軍隊への慰問活動を熱心に行っていたこともあり、「軍人の恋人」(中国語:軍中情人)というニックネームでも有名。

 

Teresaten02

アジアの歌姫、テレサ・テンの歌を聴いて

アジアの歌姫、テレサ・テンの歌声を聴いて、涙しました。

あの美しい歌声は、人間世界の、この世のものとは言えないほど。

私は、感動しました。

Teresaten

2020年8月22日、NHKテレビ番組、BS放送で、聴きました。

その番組内容は、次のとおりです。

「つぐない」「愛人」「時の流れに身をまかせ」「別れの予感」…今なお愛されるヒット曲を送り出したテレサ・テン。台湾、香港、日本などで活躍した背景と貴重な歌唱シーンを送る。また、デビュー当時のエピソードや、名曲「何日君再来」をリバイバルヒットさせたストーリーなど、ゆかりの人々の証言をまじえて歌手としての魅力や情熱あふれる人間性を紹介。ナビゲーターに歌手・夏川りみが登場し、テレサの故郷・台湾を訪ね歩く

その歌人生をたどり、日本はもちろんアジア全域でヒット曲を送り出した背景と貴重な歌唱シーンでつづる特集企画(2015年放送)

 

2020年8月17日 (月)

BBC報道=小野田寛郎さんについて

ルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ東京特派員

 

第2次世界大戦の日本の軍人で、敗戦後、最後に正式投降したのが小野田寛郎だ(文中敬称略)。

 

小野田少尉は1974年3月9日、やっと自らの剣を引き渡した。29年間、フィリピンのジャングルで持ちこたえた。日本に帰国後のインタビューや手記では、日本が降伏したことを受け入れられなかったと述べた。

 

部外者には小野田は狂信者に見えた。しかし帝国時代の日本では、彼の行動は完全に理にかなっていた。小野田は決して投降せず、天皇のために死ぬと誓っていた。女性を含めた他の国民も全員、同じ事をするはずだと彼は信じていた。

 

だがもちろん、そんなことはなかった。1945年8月15日、日本の最高神である裕仁天皇は、天皇として前例がなかったことをした。ラジオに現れたのだ。原子爆弾が広島と長崎を破壊していた。2つ目の原爆が投下された日、ヨシフ・スターリンが日本に宣戦布告した。ソビエト連邦軍はすでに、満州を席巻していた。数週間以内に、ソ連軍は北海道に上陸するとみられた。裕仁はアメリカへの降伏が最善の選択だと受け入れた。

 

それでも、天皇の降伏演説はもう少しで実現しないところだった。8月15日朝、若い将校らが部下を率いて皇居の敷地へと入り込んだ。演説の録音を奪い取るのが狙いだった。彼らは戦争にはまだ負けていないと信じていた。日本本土は侵略されていなかった。中国にいた大規模な陸軍の多くは、まだやられずに残っていた。

 

将校らは、アメリカの爆弾で多数の民間人の犠牲者が出たことを、ほとんど気にかけていなかった。彼らの関心はただ1つ、天皇制の維持だった。天皇の安全が約束されないうちに平和交渉をするなど、もってのほかだった。

 

若い将校らは放送を阻止できなかった。しかし、望みは実現した。降伏後、アメリカは裕仁を戦争犯罪人として裁かないことを決めたのだ。その代わり、彼は天皇の座にとどまり、実質的なアメリカの操り人形となった。

 

これは1949年まで日本を支配したダグラス・マッカーサー米司令官による、抜け目のない判断だったといえるだろう。マッカーサーは自らの施策――保守的な日本をアメリカ式の憲法をもつ近代的民主主義国家に変革する――を推し進めるため、天皇を利用したのだった。

 

戦争に勝った連合国は、日本の戦時中の指導者28人を裁判にかけた。東条英機首相ら7人が絞首刑となった。しかし、その他の人たちは何ら責任を問われなかった。天皇のおじで、中国の首都南京(当時)における悪名高い大虐殺の際に日本部隊を率いていた、朝香鳩彦王子もそうした1人だった。

 

彼らを不問に付すことを、マッカーサーは必要悪と考えていた。だが彼の判断は、日本が過去と真剣に向き合うのを避けることを許し、奨励すらすることになった。

 

裁判を逃れた別の人物が岸信介だ。岸は満州の占領で重要な役割を果たし、東条英機の側近でもあった。アメリカは彼を不起訴にし、1948年に釈放された。アメリカが日本を占領していた間は、公職から追放された。

 

しかし1955年、岸は新たな政治勢力の形成を画策した。自由民主党だ。まもなく彼は同党の党首となり、日本の首相になった。彼にとってのリハビリ期間は終了し、彼が創設に関わった政党はその後の65年間のほとんどにおいて、日本を支配することになった。

 

岸信介の娘は、別の有力政治家一族の息子、安倍晋太郎と結婚した。彼はのちに日本の外相にまでなり、晋三という名の息子をもつようになる。

 

安倍晋三首相のこうしたルーツは決して珍しいものではない。日本の政治家一族は極めてしぶとい。

 

安倍晋三は祖父と親しかったと言われている。祖父は若き日の晋三の政治観に深い影響を与えた。多くの右派の仲間と同様、岸信介も自身がかろうじて免れた戦争犯罪の裁判を、勝者の裁きと考えていた。戦後の平和憲法を破棄することが、彼の生涯の目標となり続けた。

 

1965年のスピーチでは、岸は「日本の敗北とアメリカの占領の影響を完全に消し去る方法」として、日本の再武装が必要だと主張した。

 

日本に批判的な中国と韓国の人々は、日本が第2次世界大戦でした事に対して一度も適切に謝罪していないと言うが、それは間違いだ。日本は繰り返し謝罪している。問題は、日本の有力政治家らによる他の言葉や行動だ。それらのせいで、日本の謝罪は完全に心のこもったものではないと受け止められる。

 

1997年、日本の政治エリートによって1つの新しい団体が設立された。日本会議だ。秘密結社ではないが、その存在や目標を知る日本人は少ない。

 

この団体の目標は、皇室を中心として日本の国としての誇りと一体感を取り戻すこと、平和憲法を破棄すること、国旗・国家や国の歴史への敬意を広めること、日本の軍備を増強することだ。

 

日本会議の会員約3万8000人の中では、安倍晋三首相、麻生太郎副総理、小池百合子東京都知事といった存在が目を引く。

 

会員の1人だったのが、生前の小野田寛郎だ。1970年代になって小野田少尉が帰ってきた日本は、彼が好むものではなかった。戦後世代は軟弱になったと彼は考えていた。一時ブラジルに移住し、牛の牧場で生計を立てた。その後日本に戻って学校を開き、ジャングルで30年間生き延びるのに役立った技能を日本の若者に教え込んだ。

 

小野田寛郎が2014年に91歳で死去した時、追悼を述べた安倍首相の報道官は感情をあらわにした。彼は小野田の孤独な戦争の無益さについてはみじんも触れず、日本が降伏して何年もたってから小野田が殺したフィリピンの村人たちのことも言及しなかった。その代わり彼は、小野田寛郎は日本の英雄だと述べた。

 

(英語記事 A WW2 hero and a reckoning with Japan's past)

2020年8月14日 (金)

ノモンハン事件

ノモンハン事件は、昭和天皇の直属最高統帥機関・大本営の戦線不拡大方針を関東軍の参謀らが無視して大規模な武力衝突に発展。甘い見通しで立てた作戦で日本兵1万8千~2万人の死傷者を出したが、責任を取らされたのは井置中佐ら前線の指揮官たちだった。参謀らは後に大本営参謀に就き、太平洋戦争に突入した。

 

61x

本土決戦を迎えて、竹槍訓練をしました。

太平洋戦争の敗戦直前に、米軍の上陸を想定し、本州にいる私達住民に対して、
天皇陛下の軍部参謀は、火炎瓶攻撃やゲリラ戦のやり方を教えてくれた。
軍事教官は、米軍の落下傘部隊が降下着陸したときに、竹やりで殺せと指示している。
私は、当時12歳の少年だったが、米兵を殺害するために、竹槍訓練を毎日のように受けた。

 

52x_20200814182701

日本遺族会の会員の減少

太平洋戦争などで亡くなった軍人や軍属の遺族らでつくる「日本遺族会」の支部に当たる47都道府県の総会員数が、記録がある中で最多だった1967年の約125万4200世帯から、2019年には半数以下の約57万世帯まで減少したことが13日、同会への取材で分かった。減少は加速しており、戦争の記憶を継承する担い手を、どう確保するかが課題だ。

~~~~~~~~~~

天皇陛下の御為に戦死した、親戚が幾人もいるが、

多くは、すでに死んでいる。

中には、生活が苦しくて、自殺した親戚もいる。

あの昭和天皇に命を捧げた英霊は、あの世で、

どんな思いでいるだろうか。

 

 

戦争の記憶

最新のテレビ番組や新聞記事を見ていると、
あの大戦の悲劇を題材にしたものが多い。
特に、東京大空襲、沖縄戦、広島原爆、長崎原爆などが放映されている。
一昨日、長崎原爆の孤児についてのテレビ番組を見た。
その時、原爆の被災者(父)が、わが子の前で「天皇陛下~万才♪♪」と言って
死んだという証言があった。
(私のような庶民から見れば)あの太平洋戦争は、天皇陛下の為の戦争だった。
昭和天皇は、宣戦布告し、終戦の詔書を発布している。
私は思う「あの昭和天皇に戦争責任があったのではないか」・・・と。

14x_20200814015601

2020年8月11日 (火)

感染者数、2000万人突破

感染者数2000万人突破
~~~~~~~~~~~~~~
[10日 ロイター] - 世界中の新型コロナウイルス感染者が10日、 2000万人を突破したことがロイターの集計で分かった。 このうち米国、ブラジル、インドの感染者数が全体の半数以上を占めている。 コロナ感染による死者は73万人を超えた。

コロナ感染者数は、今年1月上旬に中国湖北省武漢市で確認されて以降、 約半年で1000万人に増加。その後わずか43日で2倍となる2000万人に拡大した。

国別では、米国が約500万人、ブラジルが300万人、インドが200万人。 ロシアや南アフリカでの感染も目立つ。また中南米での感染が急増しており、 感染者は全体の約28%、死者は全体の30%強を占めている。

 

世界のコロナ感染者数が1900万人突破

~ 世界のコロナ感染者数 ~

世界の感染者1900万人突破(8月7日)
~~~~~~~~~~~~~~~~
米ジョンズ・ホプキンス大の集計で日本時間7日午後6時の時点で、 世界の感染者数が1911万人となった。1700万人を超えたのが7月30日、 1800万人を超えたのは8月3日で、このところ4日で100万人のペースでの増加が続いている。 米国488.4万人、ブラジル291.2万人、インド202.7万人の上位3カ国に全体の過半数が集中している。 直近では南アフリカなどアフリカ諸国の増加も目立っている。

 

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »