« 芥川賞作家の平野敬一郎氏が語る | トップページ | 「学問の自由」を切望する »

2020年10月 7日 (水)

元格闘家でタレントの高田延彦氏が語る

 元格闘家でタレントの高田延彦が6日、ツイッターに新規投稿。日本学術会議が推薦した新たな会員候補6人の任命を見送ったことについて、菅義偉首相が5日に「総合的、俯瞰的な活動を確保する観点から判断した」と記者団に説明したことを受け、「サッパリ分からないなー」と疑問を呈した。

 

 菅首相は「推薦者をそのまま任命してきた前例を踏襲してよいのか」とし、省庁再編の際にその必要性や在り方について議論したことを踏まえて「まさに総合的、俯瞰的な活動を確保する観点から、今回の任命についても判断した」と述べた。

 

 その抽象的な発言に対し、高田は「菅氏の総合的、俯瞰的に判断て、この説明じゃサッパリ分からないなー」と指摘した。

« 芥川賞作家の平野敬一郎氏が語る | トップページ | 「学問の自由」を切望する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芥川賞作家の平野敬一郎氏が語る | トップページ | 「学問の自由」を切望する »