文化・芸術

2020年9月25日 (金)

岩手県出身の詩人・宮沢賢治像を描く

10月吉川和夫美術展、人物を描く

~~~~~~~~~~~~~~~

岩手県出身の宮沢賢治像を描く

 

Kenji1

2020年8月25日 (火)

青森県の県花、リンゴの花を描く

青森県の県花、リンゴの花を描きました。

Ringo99

Ringo41

林檎の果実も、描きました。

Ringo88

Ringo88

2020年7月29日 (水)

小説家・有島武郎の肖像画を描く

北海道のニセコ町にある有島記念館を訪れました。

小説家・有島武郎の業績を讃えた記念館です。

社会主義者、人道主義者と言われる有島は、

自ら所有する広大な農場を、小作人に解放しました。

私は、偉人・有島武郎の肖像を描きました。

Takeoari

2020年7月17日 (金)

コロナ禍の人生論

人生とは何か
この質問への答ぇも、いろいろです。

人間の生き方は、いろいろです。
それぞれの人間が、自分なりの生き方をしています。

人間は、大自然に生きる動物の1個体です。
この動物群の中で、最も知恵があるのが人間です。

人間は、それぞれの生きかたを規制することで、
その種族の永遠保存に努めてきました。

新型コロナウイルスが、人間界に蔓延していますが、
それぞれの人間が、新型コロナに負けないように、
自らの欲望と自由を規制することが必要かと、
私は、思考します。

2020年7月 3日 (金)

自分は何者か

      むかし:自分は腕白な小僧だった
      むかし:自分は悪戯な児童だった

      ときに:自分は思想の変遷を知った
      ときに:自分は病魔と闘う経験をした

      あるひ:自分は悲嘆にめげず耐えた
      あるひ:自分は死を遠くに追っ払った

      たまに:自分は我武者羅に生きた
      たまに:自分は無我夢中に生きた

      おもに:自分は自他を意識している
      おもに:自分は自他の尊厳を認める

      いつも:自分は善悪と出会っている
      いつも:自分は正邪と出会っている

      つねに:自分は心身の不安を覚える
      つねに:自分は心身の健康を考える

      おいて:自分は愚者だ思っている
      おいて:自分は反省が無いを知る

      いまや:自分は平凡な浪人である
      いまや:自分は悟りの年齢に近い

      とにもかくにも、自分は今生きている
      自分は大自然の中の個体に過ぎない

      所詮 やがて自分は「無に帰する」も、
      自分は何者か、加減に解明中である

           06x_20200703114301

2020年6月27日 (土)

7月の吉川和夫美術展=ドイツ国の「マリエンベルク要塞」を描く

( 7月度の風景画 )

★ ドイツ国ロマンチック街道、ヴュルツブルクの「マリエンべルク要塞」を描く ★


( 画用紙 水彩/パステル 6号 330x318mm )



( 画用紙 水彩/パステル 6号 330x318mm )



マリエンベルク要塞 (Festung Marienberg)はヴュルツブルクのマイン川左岸、川から100mの高さの丘にそびえる要塞です。 この要塞の歴史は古く、706年に建造された聖母マリア協会はドイツ最古の建物の1つです。 歴史の中で幾度となく戦火に巻き込まれ、破壊、再建、拡張を繰り返し、現在の姿になりました。 要塞内に領主館博物館とマインフランケン博物館があり、特にマインフランケン博物館には 後期ゴシックを代表する彫刻家リーメンシュナイダーの作品が多数所蔵されています。 広場に出ると聖キリアンの塔、シェレンベルク門、馬洗い場があります。 本城には高さ42mのベルクフリート(主塔)、聖母マリア教会、深さ104mの井戸など見どころがいっぱいです。 また、見事に手入れされた領主の庭園から見下ろす市街も絶景ポイントとなっています。

 

2020年6月26日 (金)

7月の吉川和夫美術展=向日葵ヒマワリの花を描く

 

( 7月度の植物画 )

★ 元気を与えてくれる「向日葵ヒマワリ」を描く ★



( キャンバス 油彩 8号 460x380mm )

<向日葵ヒマワリの歴史>
ヒマワリの原産地は北アメリカ大陸西部であると考えられている。
既に紀元前からインディアンの食用作物として重要な位置を占めていた。 1510年、スペイン人がヒマワリの種を持ち帰り、マドリード植物園で栽培を開始した。 マドリード植物園はダリアやコスモスが最初に栽培されたことでも有名である。

ヒマワリがスペイン国外に持ち出されるまで100年近くを要し、ようやく17世紀に至りフランス、次にロシアに伝わった。 ロシアに到達してはじめて、その種子に大きな価値が認められた。 正教会は聖枝祭前の6週間を大斎とし、食物品目の制限による斎(ものいみ)を行う。 19世紀の初期にはほとんど全ての油脂食品が禁止食品のリストに載っていた。 しかしヒマワリは教会の法学者に知られていなかったのか、そのリストにはなかったのである。 こうした事情から、正教徒の多いロシア人たちは教会法と矛盾なく食用可能なヒマワリ種子を煎って常食としたのであった 。 その後、19世紀半ばには民衆に普及し、ロシアが食用ヒマワリ生産の世界の先進国となったのであった。

日本には17世紀に伝来している。




<向日葵ヒマワリの生産>
OIL WORLD誌の統計によるとヒマワリの種子生産量は2006/07年産、油料用植物として大豆(234.98百万トン)、ナタネ(47.26百万トン)、綿実(44.15百万トン)に次ぐ、生産量(29.84百万トン)を誇る。 また、2006年 - 2007年の植物油生産量はパーム油(37,985千トン)、大豆油(36,716千トン)、ナタネ油(18,425千トン)、ヒマワリ油(11,171千トン)である。ヒマワリの生産地域はロシア周辺のヨーロッパに偏っている。5割強がヨーロッパ州に集中しており、アジア州と南アメリカ州がそれぞれ2割弱を生産している。

1.ウクライナ - 13630千トン
2.ロシア (ヒマワリはロシアの国花でもある)- 11010千トン
3.アルゼンチン - 3000千トン
4.中国 - 2590千トン
5.ルーマニア - 2030千トン




<日本の向日葵ヒマワリ観光地>
村おこし・町おこしや、災害からの復興活動として、
全国にヒマワリ畑があり、イベントも開催されている。

北海道 - 北竜町 ひまわりの里、網走市 大曲湖畔園地ひまわり畑
福島県 - 喜多方市 三ノ倉高原ひまわり畑
茨城県 - 筑西市 あけのひまわりフェスティバル
東京都 - 立川市・昭島市 国営昭和記念公園
神奈川県 - 座間市ひまわりまつり
山梨県 - 北杜市明野サンフラワーフェス 
 

 

2020年6月13日 (土)

老人の青春

 私は老いた青春期にある
 少年のような情熱は、消えている
 いま、はっきりと言える事がある
 老いても、美への渇望は炎えている

    13x

2020年6月10日 (水)

生きて、生きて、生き抜く

 

10x

 

続きを読む "生きて、生きて、生き抜く" »

2020年6月 9日 (火)

好奇心は美学に向かう

 自然の風景は、刻々、変化します
 私の心境も、時々、変化します

 私は脱俗を試みるも、未だ
 多少の欲望が残滓しています

 金銭や名声への欲望は消失しています
 競争やゲームの世界を忌避しています
 悟りの境地が、遥遠に潜在しています

 気力には、やる気が存在しています
 絵描きへの気力は、充実しています
 わが好奇心は美学に向かっています

      09x

より以前の記事一覧